バセドウ病の薬の種類

公開日: 2016年2月28日日曜日 バセドウ病 薬




バセドウ病を治療するのに、どういった薬の種類があるのか、お伝えします。私が使用している薬の種類もお伝えしますので、参考にしてください。


バセドウ病を治療する薬には、次の種類があります。


①メルカゾール
②チウラジール
③ルゴール液


の3種類があります。もともとバセドウ病の治療薬は数が少ないそうで、一般的なのはメルカゾールとチウラジールになると思います。


チウラジールは、この3つの薬の中では副作用が出やすいようです。なので、3番目に書いたルゴール液は、メルカゾール・チウラジールで副作用が出てしまった時などに処方される薬だと思います。


実は、この「ルゴール液」は、うがい薬に配合されている物と同じなんです。もちろん、バセドウ病で処方される「ルゴール液」は、ちゃんと治療用となっているんですが、「うがい薬?」と思う方もいるかもしれませんね。


バセドウ病の治療をするの為の薬の種類は、たぶんこの3つが主になってくると思います。それぞれの効果や副作用を理解して、服用していくと良いと思います。


スポンサードリンク




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿